鳥人戦隊ジェットマンについて

西暦199X年、地球は衛星軌道上に24時間体制で世界中を監視する「アース・シップ」を有す世界規模の防衛組織・地球防衛軍スカイフォースによって平和が守られていた。そのスカイフォースでは、ある鉱石より人間の身体能力を強化することの出来る”バードニックウェーブ”が開発され、それを元に人間の力では対応できないような脅威にも対抗できる超人戦士を作り出そうという「Jプロジェクト」が極秘に進行していた。
プロジェクト責任者の小田切綾は、犯罪や災害が起こると派遣される地上の隊員「スカイフォーサー」の中から5名の優秀な人物を選抜。天堂竜は最初の被験者としてアース・シップでバードニックウェーブを浴び、強化人間「ジェットマン」第一号レッドホークへの変身能力を身に着けた。
しかしその直後、さまざまな次元の世界を侵略してきた次元戦団バイラムの襲撃により、アース・シップは壊滅的な被害を受けてしまう。多くの犠牲者が出る最中、竜の恋人だった藍リエが宇宙空間に消え、竜はプロジェクト責任者の小田切と共に脱出艇で脱出する。
リエを含む残りの被験者が浴びる筈だった4人分のバードニックウェーブは4条の稲妻となって地球へ飛散。小田切と竜は、バードニックウェーブを浴びてしまった4名を捜し出し、「鳥人戦隊ジェットマン」としてバイラムに立ち向かわせようとしたが、その4人はいずれも一筋縄ではいかない曲者揃い。彼らは戦いの中で時には反目し、時には恋心を抱きながら、バイラムとの戦いに互いの青春を燃やしていく。

視聴率不振だった前作の『地球戦隊ファイブマン』での反省を踏まえ、マンネリ化打破、更には若手中心のキャスティングを取り入れ、3号ロボ登場等の革新を取り入れるなど、シリーズ打ち切りの窮地に立たされていたスーパー戦隊シリーズ自体が更なる転機(ターニングポイント)を迎えた作品。
戦隊のモチーフとなっているのは鳥で『科学忍者隊ガッチャマン』の作風を随所に取り入れた。スーツカラー・ジェットホークを含む5機の戦闘機・5人が翼を使って飛ぶ描写・主人公とサブリーダーのライバル関係など、『ガッチャマン』と似ている点が多数見受けられ、5種の鳥のモチーフもほぼ『ガッチャマン』と同じであり、ある意味実写版『ガッチャマン』とも言える。ただし、「鷲」が「鷹(ホーク)」、「みみずく」が「ふくろう」に変更されている(ただし英語のowlに両者の区別はない)。 タイトルも決定までには度重なる変更がなされており、オーディション当時の仮題はもっとストレートな『超人戦隊バードマン』とされていたことが、ブラックコンドル / 結城凱を演じた若松俊秀の回想の中で語られている[1]。ジェットイカロスの剣である「バードニックセイバー」とジェットマンになるための力である「バードニックウェーブ」に名残がある。またメイン監督の雨宮慶太は、放映開始前のニュータイプ誌上で「現在、戦隊シリーズ新作『ジャンプマン(仮題)』の準備をしている」と語っている。
前作では、後半こそ持ち直したものの一時は著しい視聴率不振に陥り、スポンサーの反対を省みずにシリーズそのものの打ち切りが危惧されていた。この主因を「長期シリーズには避けられないマンネリ」にあるとみた東映プロデューサー鈴木武幸は、本作品で「戦隊」の革新を試みた。

Wikipediaより引用