忍者戦隊カクレンジャーについて

戦国時代、時の忍者達は人間界を征服せんとする妖怪達と長きに渡る激しい戦いを繰り広げていた。戦いの末、鶴姫を筆頭とする5人の隠流忍者が伝説の三神将より与えられた「封印の扉」内部へ総大将ヌラリヒョンと膨大な妖怪エネルギーを閉じ込めることに成功。妖怪達は指導者と力を失い、衰退する。
それから400年。忍者が人の世から廃れた現代で今は一般人として暮らしている隠流の末裔達…猿飛佐助の子孫・サスケと霧隠才蔵の子孫・サイゾウの二人はふとした事がきっかけで人間社会に溶け込み隠れ暮らしていた妖怪カッパに騙されて「封印の扉」を開けてしまい、妖怪たちを復活させてしまう。
先祖代々「封印の扉」を見守ってきた鶴姫家の24代目・鶴姫は妖怪の復活を察知し、封印の5忍者の末裔、サスケとサイゾウそして三好清海入道の子孫・セイカイと児雷也の子孫・ジライヤを集め、ともに「カクレンジャー」として妖怪の再封印を決意する。
クレープ屋を営みながら妖怪封印の旅を続ける5人。しかし、てんでばらばらで動いていたはずの妖怪達の裏から邪悪なる存在が現れ、彼らは苦しい戦いを強いられるようになっていく。
彼らに待ち受けるものは勝利か、それとも敗北か。

全般に中華テイストあふれる前作『五星戦隊ダイレンジャー』に対し、本作品では戦隊側のモチーフの「忍者」や日本古来の妖怪たちをモデルとした敵怪人など、シリーズとしては初めて本格的な和風テイストが取り入れられている。しかし妖怪のデザインは既存のイメージに囚われず[1]、ストリートファッションを感じさせるカジュアルなものとなっている[2]。また戦闘シーンにおいては、アメリカンコミックスのような[2]擬音吹き出しを取り入れるなど独自の演出が取り入れられた。
本作品におけるリーダーは忍者の総領であるホワイト=鶴姫として設定されるなど、シリーズ中初めてレッド以外のメンバーにリーダーのポジションが与えられており、その後同様にレッド以外のメンバーがリーダーを務める作品の先鞭をつける形となっている。ただし、性格付けとしてはレッド=サスケも豪放磊落なリーダータイプのキャラクターであり、物語後半にて鶴姫と父とのドラマがクローズアップされるにつれて、当初鶴姫の補佐役的立場にあったサスケが従来と同様にリーダーに近い役割を果たすことが多くなった。また中盤では忍びの巻物を探すために5人が一時的に離別したりするなど従来の戦隊ヒーローものにはなかった展開も見られた。
また『超電子バイオマン』より、戦隊メンバー全員でタイトルコールを行うのが恒例となっていたが、本作ではそれ以前の作品で行われた主題歌コーラスによるタイトルコールとなっている。
『超獣戦隊ライブマン』以降、巨大戦では1号ロボに主人公たちが主に搭乗し、その他のロボは強化合体などを含めてそのサポート役として位置付けられており、それ以前の『超新星フラッシュマン』などでは1号ロボと2号ロボ両方を併用するなどしていたが、本作品ではシリーズ中初めて「1号ロボと互換性の無い別のロボ」への完全交代が行われており、その2号ロボに相当する「隠大将軍」は1号ロボの「無敵将軍」同様の5体合体ロボととして設定される。ただし、後半では無敵将軍が自らの意思で行動するようになったため、無敵将軍と隠大将軍の共闘は見られる。この場合「1号ロボが2号ロボのサポートをする」という従来とは逆の構図となっている。また本作品において6人目の戦士に相当する「ニンジャマン」は初の人間から変身しないタイプのヒーローで、同時に専用ロボを持たず自らが巨大化するという設定も初めてである。
作劇面では第24話までを第1部とし、第25話以降は第2部「青春激闘編」という2部構成が採られており、人情中心の作劇へとシフトした。このように戦隊シリーズで明確に2部構成とされた作品は2012年現在この作品が唯一である。特に第1部では敵が組織として設定されていないことや、ナレーションの代わりとして落語家の三遊亭圓丈が扮する講釈師が設定されているのが特徴となっている。

Wikipediaより引用