百獣戦隊ガオレンジャーについて

21世紀を迎えた地球上は環境汚染・生態系の異常・人間関係の疲弊化により、人々の生きるエネルギーが減少しつつあった。そこにオルグと呼ばれる邪悪な鬼の一族が出現した。
ある週末の夜。都心に現れたオルグと戦う4人の戦士「ガオレンジャー」は、混乱の中でパレードに参加していた象が暴れるのをなだめた獣医師・獅子走と出会う。騒ぎの翌日、ガオの巫女・テトムの命を受けたガオレンジャーの4人に連れて行かれた獅子は、空に浮かぶ天空島アニマリウムで、「パワーアニマル」という大地の精霊が具現化した正義の野獣たちのリーダー・ガオライオンに出会う。ガオライオンは獅子を認め、テトムへ彼を連れてくるように伝えていたのだった。ガオイエローと名乗るリーダー格の青年・鷲尾岳は彼に告げる。もしガオレンジャーになりたいのなら、「獅子走」という名も、その過去も捨てろ、と。
それに対して獅子は答える。「俺は獣医だ。医者は助けを求める声に応えないわけにはいかない」。
こうして彼は、パワーアニマルに選ばれしネオ・シャーマンの戦士「ガオレンジャー」の5人目にしてガオライオンに選ばれたリーダー・ガオレッドとなり、他の4人とともにオルグとの戦いに身を投じる。

戦隊シリーズ第25作目にして21世紀最初の作品で、百獣の王・ライオンをモチーフに選んだ。OPには「スーパー戦隊シリーズ」のロゴとともに「25th ANNIVERSARY」を表示した。
タイトルは、元々『星獣戦隊ギンガマン』の企画段階での最有力候補だったが、『ギンガマン』企画時と同時期に放映されていた『勇者王ガオガイガー』と類似するということで没となった[1]ものを再利用している。また、酒井一圭によると、オーディションの台本には『ガオガオマン』と書かれていたとのこと

Wikipediaより引用