轟轟戦隊ボウケンジャーについて

地球に眠る、大いなる力を秘めた古代の秘宝――プレシャス。世界を滅ぼすことも容易いそれらの秘宝を狙う悪は多くいる。民間団体・サージェス財団は、プレシャスを回収し悪の手に渡らないよう保護・管理するための精鋭部隊を結成した。彼らこそ轟轟戦隊ボウケンジャーである。
ボウケンジャーの明石暁ら3人は、新メンバーである伊能真墨と間宮菜月らとともに、プレシャス“ゴードムの心臓”の回収に向かう。入隊テストを兼ねて先行した新メンバー2人だったが、トラップに引っ掛かり大地の震えとともに海底遺跡が浮上。それに伴い、遺跡内の奥深くにあった石棺の封印も解け、ゴードム文明の古代人・大神官ガジャも眠りから覚めてしまう。
改めて5人で遺跡に突入したボウケンジャーはプレシャスを発見するが…。

スーパー戦隊シリーズ第30作の記念戦隊。モチーフは「冒険」「トレジャーハンティング」であり、地球に眠る宝「プレシャス」を巡る、正義と悪の争奪戦を描く。大きな特徴として、戦隊の目標が「敵組織の打倒」ではないことである。ボウケンジャーの第一任務はあくまでプレシャスの保護で、敵との戦いも「プレシャスを悪事のために狙う者の排除」として展開される。
本作のレッドであるボウケンレッド・明石暁は、「冷静沈着な頼れるリーダー」として設定されている。単純一途な熱血漢に設定されることが多かった1990年代後半以降のレッドに対し、本作で「冷静なリーダータイプのレッド」を採用することには、東映でも「今の子供には熱血タイプの方が感情移入しやすい」「これでは昭和の戦隊ではないか」という声が挙がったという。これに対し、チーフプロデューサーの日笠淳は、「レッドの枠を狭めるのは良くない。現在でもリーダータイプのレッドは人気を得られるはず」と主張し、結局日笠の意見がそのまま採用された。明石はメンバーの指揮権・人事権を一手に持つ絶対的なリーダーだが、演じる高橋光臣の個性も反映された結果、物語の進行に連れコミカルな面も描かれるようになった。
作劇上のもう一つの特徴が、「ゴードム文明」「ジャリュウ一族」「ダークシャドウ」「クエスター」といった、複数の敵組織が並行して存在することである。第三勢力的な存在は過去作にも何度か登場したが、「組織」としての敵が複数存在するのは初めてであり、時にはボウケンジャーと敵組織で三つ巴や四つ巴の戦いも展開される。また昨年までは敵幹部や敵怪人が初登場した際にはテロップで名前が紹介されていたが、本作より廃止された。
「乗り物」も本作におけるモチーフの一つであり、登場した巨大メカはシリーズ史上最多(2011年現在)の18種類に及ぶ[1]。その一方で等身大時に乗用するマシンが本作から廃されており、登場再開は2012年の『特命戦隊ゴーバスターズ』まで待つことになる[2]。
30作目の記念企画として、ED後には全30戦隊を順に紹介するミニコーナーが挿入されている(詳細は後述)。 2012年現在で、クレジット順や名乗り順などが男性の後に女性というタイプ[3]が最後の戦隊である。

Wikipediaより引用